トイレのつまりをどうにかしたい!直し方はいろいろある

トイレがつまってしまった!

トイレがつまるというトラブルは、突然やってきます。今までトイレがつまった所を見たことがないという人は、あたふたするかもしれません。そのような方のために、つまりの原因や直し方を紹介していきたいと思います。

トイレつまりの主な原因

タンク内に不具合が起こっている

トイレのタンク内に何らかの異常が起きている場合、トイレがつまることがあります。タンク内に不具合が起こる原因としては、水を入れたペットボトルが考えられます。節水のために浮かべる方もいるのですが、その結果、水圧が調整できなくなってしまい、つまりを引き起こしてしまうのです。

落としたものがつまっている

大量のトイレットペーパーを流してしまったり、流してはいけないものを落としてしまったりすることが原因で、トイレがつまります。最近は携帯電話を落としてしまう方が急増しています。トイレに入る際は洋服のポケットなどに注意しましょう。

トイレのつまりをどうにかしたい!直し方はいろいろある

トイレ

水にいきおいをつける

トイレのつまりを直す方法として手軽にできるのは、水にいきおいをつけて流すことです。バケツなどを使ってできるだけ滝のように一点集中させることがポイントです。あふれさせないように、あらかじめ入っている水はすくっておきましょう。

トイレ

お湯で流す

つまっているものがお湯で溶けそうな紙類だった場合は、お湯を入れてみましょう。しかし、100℃を超える熱湯はNGです。60~70℃くらいのお湯を注いでみて下さい。

模型

ラバーカップを使う

スッポンとも呼ばれるもので、水に流れをつけることができます。ゴムの部分をできるだけ水が覆うようにして、いきおいよく引っ張って下さい。水の飛び散りを防ぐために、あらかじめビニールで便座を覆っておくと良いでしょう。

業者に依頼することで安心!

余計つまらせそうでこわい、どうしたら良いかわからない、そんな時は自分で解決しようとせず、業者を呼んでみて下さい。業者であれば、原因に合った的確な作業を行ってくれますよ。

広告募集中